料金について

相談料について

下記の相談についての相談は無料です。

  • 各種ビザ(配偶者ビザ、永住者ビザ、定住者ビザ等)を取得できる可能性
  • ビザ申請の流れ
  • 一般的な必要書類について
メール相談 初回無料(1往復)
面談相談 初回無料

※ビザを確実に取得するために提出すべき具体的な書類について(取得方法、書き方など)、申請書類のチェックなどは有料相談となります。内容によって料金は異なりますので、事前にお問い合わせください。ただし、後日、ビザ申請業務をご依頼いただいた場合、ビザ申請料金から相談料を差し引きます。(実質無料)

初婚の方限定価格

当事務所では、印紙代、郵送代、交通費、その他細かい実費込みの「総額」を表記しております。

下記全てに該当する方

  • ご夫婦がともに初婚
  • ご夫婦の年齢がともに40歳以下
  • ご夫婦の年齢差が15歳以下
  • 日本人配偶者の年収が290万円以上(市・区役所発行の住民税納税証明書等で証明できる
  • 海外から呼び寄せる場合、ご夫婦がこれまでに3回以上会っている。
  • 双方のご両親にご結婚を反対されていない
  • 外国人側に過去にオーバーステイがない(日本だけでなく世界各国で)
  • 外国人側に犯罪歴、不法就労がない(世界各国で)
  • 原則、両国で婚姻が成立している(国によってはこの条件は不要)
  • 元技能実習生ではない
  • 翻訳書類がない(または、ご自身で翻訳いただく)
料金 印紙代 備考
海外から呼び寄せる 80,000円+税 0円 ※海外での査証申請サポートも含む
他のビザからの変更 70,000円+税 4,000円
更新 26,000円+税 4,000円

ビザ申請サポートの料金

当事務所では、、印紙代、郵送代、交通費、その他細かい実費込みの「総額」を表記しております。

  • 用意すべき書類が多くなる場合(配偶者ビザの場合、年齢差20才以上、夫婦いずれかが離婚歴2回以上、結婚相談所で知りあったなど)は、追加料金が発生する場合があります。また、翻訳書類が多くなる場合などは、相談時に正確な見積もりを提示させていただきます。

【日本人の配偶者等ビザ】

料金 印紙代 備考
海外から呼び寄せ(※1) 100,000円+税 0円 ※海外での査証申請サポートも含む
海外から呼び寄せ(※2) 120,000円+税 0円 ※海外での査証申請サポートも含む
他のビザからの変更 90,000円+税 4,000円
更新 30,000円+税 4,000円

※1:日本人側が日本在住、外国人側が海外在住の場合です。
※2:ご夫婦ともに海外在住の場合です。この場合、追加対応があり、国際送料等も通常よりもかかるため、この金額です。

【永住者ビザ】

料金 印紙代
当事務所に初回の配偶者ビザを依頼いただいた方 50,000円+税 8,000円
新規の方 100,000円+税 8,000円

【外国人妻(夫)の連れ子のビザ】

料金 印紙代
15歳未満の連れ子 100,000円+税 0円
15歳以上の連れ子 120,000円+税 0円

【日本人と離婚後のビザ】

料金 印紙代
結婚期間5年以上 100,000円+税 4,000円
結婚期間5年未満 120,000円+税

【家族滞在ビザ】

料金 印紙代 備考
家族滞在ビザ 80,000円+税 0円 ※海外での査証申請サポートも含む
更新 30,000円+税 4,000円

【留学生の夫(妻)のビザ(家族滞在)】

料金 印紙代 備考
家族滞在ビザ 100,000円+税 0円 ※海外での査証申請サポートも含む
更新 30,000円+税 4,000円

【高度人材の配偶者のビザ】

料金 印紙代 備考
海外から呼び寄せる 80,000円+税 0円 ※海外での査証申請サポートも含む
他のビザからの変更 80,000円+税 4,000円

安心の不許可返金制度

許可になるか、不許可になるかは相談時におおよそ判断できます。不許可のリスクが高い場合は、事前にお伝えし、不許可の原因をなくしてから申請するようにしております。それでも、万が一、不許可だった場合、報酬の全額(実費を除く)を返金させていただく、もしくは追加料金なく再申請を行っております。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る