外国人配偶者の連れ子を呼び寄せる

外国人配偶者の連れ子を呼び寄せたい場合

外国人配偶者に連れ子がいる場合、その子が未成年かつ未婚であれば、「定住者」の在留資格を取得し、日本で住める可能性があります。ただし、義務教育期間が終了しているお子様、つまり16歳以上の子を呼び寄せることは難しくなります。

ただし、16歳以上の連れ子は絶対に無理というわけではありませんし、例外もあります。例えば、連れ子さんが2人いて、上の子が17歳、下の子が12歳といった場合です。こうした場合は、申請書類を完璧に用意し、ミスなく申請することで、2人とも許可になる可能性が高まります。

手続きに必要な書類は幾つかありますが、書き方が難しい書類は、「招聘理由書」です。入国管理法および法務省省令に定める「定住者告示4号」の要件を満たしていることをあらゆる角度から説明する書類です。

招聘理由書に書くべきことはたくさんありますが、日本に連れて来なければならない必要性については必ず書きます。説得力のある文言でないと意味がありません。また、連れ子が日本に来てからの予定についても、具体的に記載します。例えば、「○○小学校に入学予定」など、具体的な学校名まで記載し、「入学許可証」などを添付できれば、有利になります。そのためには、事前にお住まいの市区町村の役所で相談し、外国人児童・生徒に関する受入制度について確認しておきましょう。

kid0065-009 (1)

また、世帯年収も考慮されます。あまりにも世帯年収が低いと、子を扶養できないと判断されるからです。居住する地域や子の年齢にもよりますが、最低でも300万円以上の世帯年収があったほうがスムーズです。

なお、将来的に、連れ子を呼び寄せたい場合、「日本人の配偶者ビザ」を申請するときの「申請書」や「質問書」には、子の氏名や生年月日、出生地などを正確に記載しておきましょう。記載がないと、かなり不利になります。

当事務所では、招聘理由書の作成をはじめ、お子様の在留資格申請を全面的にサポートしております。受け入れてくれる学校探しなどでお困りの場合も、当事務所がこれまで扱った事例やノウハウなどを基に、アドバイスさせていただきます。

外国人配偶者の連れ子の在留資格更新

外国人配偶者の連れ子が「定住者」の在留資格を得た後、来日して両親と一緒に暮らしている場合、在留資格の更新ができます。1回目の更新手続きの際には、簡単な現状説明書と親子の写真を提出したほうがよいでしょう。

定住者の在留資格を得ているにも関わらず、様々な事情により、日本で暮らしていない場合、更新が難しくなります。この場合、事情説明書を提出する必要があります。母国での病気の治療など、やむを得ない場合、認められるケースが多いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る