ビザ申請 取扱事例

東京ワールド行政書士事務所では、これまで世界56ヶ国の方からご依頼を受けております。また、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、山梨県、静岡県、新潟県、宮城県、福岡県、兵庫県の方からご依頼を受けた実績がございます。ご夫婦ともに海外在住の方については、中国本土、韓国、台湾、イタリア、アメリカ、フィリピン、インドネシア、ニュージーランド、ハワイ、イギリス在住の方からの受任実績がございます。

最近の主な取扱実績

最近ご依頼いただいた案件を中心に、代表的な事例を紹介します。申請から許可までの期間は、外国人が日本にいるか、海外にいるかで大きく異なります。既に日本にいらっしゃる方の場合、2週間から1ヶ月くらいで許可されることが多いです。海外から呼び寄せる場合は、早い人で1ヶ月、通常は2~3か月で許可が出ることが多いです。

中国人 配偶者ビザ申請

日本人男性と中国人女性のご夫婦です。留学ビザ→配偶者ビザへの変更申請でした。ご本人にご用意いただく書類を、お願いした翌日には準備いただき、ご依頼から5日目での申請ができました。申請から2週間で許可されました。

中国人 配偶者ビザ申請

日本人女性と中国人男性のご夫婦です。ご自分で6回も申請されていたのですが、なかなかビザが許可されず、当事務所にご依頼いただきました。小さなお子さんを一人で日本で育てていらっしゃり、お子さんのためにも、絶対に許可になるよう、書類を作成しました。申請から約3ヶ月半で許可されました(海外からの呼び寄せ)。

ミャンマー人 配偶者ビザ申請

日本人男性とミャンマー人女性のご夫婦です。男性がミャンマーで仕事をされていた時に知り合い、結婚されたカップルです。交際の経緯や愛情一杯の写真を綺麗にまとめて送っていただき、スムーズに申請できました。申請から2ヶ月で許可が出ました。(海外からの呼び寄せ)

タイ人 配偶者ビザ申請

日本人男性とタイ人女性のご夫婦です。奥様と旦那さんのお母様がメールで親しくやり取りされているのが印象的でした。申請から17日目で許可が出ました。

ナイジェリア人 配偶者ビザ申請

日本人女性とナイジェリア人男性のご夫婦です。男性側が特定活動ビザ(難民申請)を持っておられる方でした。交際歴2年くらいの方です。申請から31日目で許可が出ました。

韓国人 配偶者ビザ申請

日本人女性と韓国人男性のご夫婦です。短期滞在ビザから配偶者ビザへの変更申請でした。男性の仕事は未定でしたが、就職の見込を示せました。申請から24日目で許可が出ました。

ベトナム人 配偶者ビザ申請

日本人男性とベトナム人女性のご夫婦です。男性は公認会計士の方でした。男性がベトナムに赴任中に知り合い、奥様からベトナム語を学ばれていたそうです。認定案件(海外から呼び寄せるビザ)でしたが、申請から40日目で許可が出ました。

中国人 配偶者ビザ申請

日本人男性と中国人女性のご夫婦です。男性側が契約社員であり、日給制の給料だったため、安定収入を証明することに苦労しましたが、様々な角度から安定した収入や資産を証明しました。申請から9日目で許可が出ました。

フィリピン人 配偶者ビザ申請

ご自分で申請して不許可だったため、当事務所にご依頼いただきました。不許可原因は書類の不備と不足でした。書類の不備を修正し、不足書類を準備して再申請した結果、12日目で許可されました。配偶者ビザなど、身分系ビザの場合、入管から指示される書類だけ提出した場合、不許可になる確率が高いです。このことを改めて実感した案件でした。

スリランカ人 配偶者ビザ申請

日本人男性とスリランカ人女性のご夫婦です。当方がお願いした立証資料等を完璧に用意していただき、スムーズに申請することができました。申請から12日目で許可が出ました。

韓国人 配偶者ビザ更新

日本人男性と韓国人女性のご夫婦です。昨年、男性側が定年退職しており、女性は在留特別許可を得て1回目の更新でした。通常よりも多数の書類を用意し、申請から20日目で許可が出ました。

韓国人 配偶者ビザ申請

日本人男性と韓国人女性のご夫婦です。いつもラブラブのご夫婦で、会う度に、新婚さんの幸せオーラが出ていました。

ルーマニア人 配偶者ビザ申請

日本人男性とルーマニア人女性のご夫婦です。日本人男性が公務員の方だったため、安定収入に関する要件は問題なく、比較的スムーズに申請できました。認定案件(海外から呼び寄せる案件)でしたが、約3ヶ月で許可されました。

中国人 配偶者ビザ申請

日本人女性と中国人男性のご夫婦です。女性側がパート勤務であり、収入が少なかったため、女性側のご両親にもご協力いただき、在留資格の要件をクリアしました。認定案件(海外から呼び寄せる案件)です。約3ヶ月で許可されました。

ニュージーランド人 配偶者ビザ申請

日本人女性とニュージーランド人男性のご夫婦です。男性側は、就労ビザを持っていましたが、結婚前に退職してしまい、転職活動中でした。女性側も定職がなかったのですが、男性側の再就職の見込みを具体的に提示できたため、約1ヶ月で許可されました。

中国人 永住者ビザ申請

中国人女性の永住ビザ申請です。約8か月で許可されました。面接や訪問調査はありませんでした。日本に12年以上住んでいる方でしたが、転職回数が多く、無職期間もありました。直近2年間については、転職1回、給料もぎりぎりOKという感じでした。ご本人の日本に対する想いが強く、非常に勤勉な方でしたので、総合判断で、許可されたものと思われます。

フィリピン人 定住者ビザ申請(母子3名)

日本人男性とフィリピン人女性の間に2人の子供がいらっしゃり、その女性と子供2人を日本に呼び寄せたいというケースでした。立て続けに2件、類似ケースを扱いました。男性は既婚者であり、日本に呼び寄せても同居はできないが、扶養はできるとのことでした。子供達については、法務大臣の告示がある定住者ビザに該当するため、子供達の要件を完璧に立証し、その扶養者、監護者として母である女性の定住者ビザを取得できました。

ポーランド人 永住者ビザ申請

ポーランド人女性の永住者ビザ申請です。申請から約1年で許可されました。夫が日本人であり、結婚3年が経過していましたが、内1年間、夫の海外赴任に同行し、海外で暮らしていました。海外赴任の同行であることを立証した結果、永住者ビザが許可されました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る