短期滞在ビザ 【外国人の親族・婚約者、友人を呼ぶためのビザ】

外国人の親族や婚約者・友人知人を呼ぶためのビザ

日本に住む外国人の親族や友人を日本に呼び、90日以内で日本に滞在する場合、「短期滞在」という査証を申請することになります。長期ビザと異なり、申請場所は日本国内ではなく、現地の日本大使館や日本領事館となります。このため、大使館独自のルールがあり、また、国によっては、ある程度件数がまとまってから審査するため、想定以上に時間がかかる時があります。外国人の親族や婚約者、友人知人の来日予定がある場合、早めに準備されることをお勧めします。

また、将来的に、相手の方と結婚、あるいはその方が日本に留学、日本で起業、その他長期で日本に暮らす可能性がある場合、短期滞在ビザをどのように取得しているかは非常に重要になってきます。例えば、将来的にその方と結婚されて、日本人の配偶者という在留資格(配偶者ビザ)を申請するとき、過去の来日記録、来日時のビザ申請書類については全て遡ってチェックされます。もし適当に書いていたり、書き方を間違っていたりすると、将来的に非常に困ることもあります。ですから、初めて短期滞在ビザを申請される場合は、専門家へ依頼されることをお勧めします。

当事務所でサポートさせていただく場合のスケジュール目安としては、来日予定の2ヶ月前に依頼いただければスムーズに手続き可能です。1ヶ月前だと、国によっては物理的に対応が難しい場合と、なんとかなる場合があります。この場合も事前にご相談ください。

短期滞在査証を申請するために必要な書類

相手の国や滞在目的によって異なりますが、全ての方に共通する書類は下記です。下記に加え、その方の状況や滞在目的によって、追加で幾つかの書類が必要となります。

本人(来日する人)の書類

  • 本人の証明写真(直近3ヶ月以内に撮影したもの。4.5×4.5cm)
  • パスポート
  • 日本への往復航空券の予約票(キャンセル可能なものでOK)

日本で用意する書類(招へい人・身元保証人が用意する書類)

  • 招聘理由書
  • 身元保証書
  • 滞在予定表
  • 申請人名簿
  • 滞在予定を裏付ける資料、証拠など
  • 身元保証人の資産を証明する書類(直近年度の住民税納税証明書、預金残高証明書など)
  • 本人との関係を証明する書類(親族関係証明書、一緒に写った写真数点など)
  • 招聘人が外国人の場合は、在留カードのコピー(表と裏)

短期滞在ビザの申請場所

短期滞在ビザ(査証)の申請は、親族が住む国の日本国大使館/総領事館において行います。
なお、中国、フィリピン、タイの場合、大使館(総領事館)ではなく、代理申請機関(指定旅行会社)において申請します。

自分の母国以外で短期滞在ビザを申請できる?

短期滞在ビザを申請する場合、原則は、その方の本国の日本大使館(もしくは大使館が指定する旅行会社など)で申請します。ですが、その外国人が本国にいない場合、例えば、アメリカに住んでいる韓国人の場合、アメリカにある日本領事館でも申請できるのでしょうか?

こうしたケースについては、明確な決まりがあるわけではなく、大使館がその都度個別判断して決めます。

一般的には、その国に住所がある場合(住民登録などをしている)、申請できることがあります。ただし、その時の様々な事情により、受付自体も拒否されることもあります。ですから、その国の日本大使館に事前確認することが一番確実です。

その国に住所がなく、たまたま旅行で訪問中であるなどの場合、よほどの事情がない限り、その国では申請できません。なぜなら、住所がないと、その国の大使館では、ビザを審査する上での必要な情報が何もないからです。

いずれにしても、こうしたケースでは、明確な決まりはありませんし、原則と例外があります。受理するかどうか決めるのは、その国の日本大使館(もしくは領事館)ですので、大使館等に事前確認してみてください。

外国人配偶者の両親等が来日する場合、何日くらい日本に居ることができる?

外国人配偶者の両親や兄弟姉妹などが来日する場合、親族訪問を目的とした短期滞在のビザが発給されます。短期滞在のビザには、15日、30日、60日、90日の4種類があります。(年によってはこの日数に変更がある場合もあります)

つまり、15日の短期滞在ビザが発行された場合には、15日以内であれば日本に滞在することができます。30日、60日、90日の場合も同様です。

この期間は、ビザを申請する際に提出する「滞在予定表」や「招聘理由書」、「活動内容説明書」、そして、それらの根拠書類に基づいて決定されます。通常、小さいお子様が日本におられて、両親のいずれかを呼びたい場合、これらをきちんと用意することで90「日の短期滞在ビザが発行されることが多いです。兄弟姉妹の場合は少し難しくなります。

具体的に何を、どのようにそろえて提出すればよいか、現地の窓口では詳しく教えてくれることが少ないと思います。どうしても90日のビザを取得したい場合は、専門家に依頼したほうがよいでしょう。

来日している外国人配偶者の両親のビザを延長することは可能?

原則として、親族訪問を目的とした短期滞在ビザを更新することはできませんが、特別な事情がある場合、更新できる可能性があります。例えば、子供(孫)の面倒を見るため、更新したい場合、病気にかかって安静にする必要がある場合、外国人配偶者が入院し、その看病が必要になったりした場合などです。こうした特別な事情の場合、口頭で説明するだけはなく、証拠書類を添付して更新手続きを行う必要があります。

短期滞在ビザの必要書類については、更新理由により異なります。子供が未就学児(6歳以下)の場合については、下記の書類が必要となります。

  • パスポート
  • ビザ更新の申請書
  • 短期滞在の更新を必要とする理由書
  • 入国してから現在までの活動を証明する資料(説明書など)
  • 本人が滞在費を負担する場合・・・預金残高証明書、外貨両替の領収書など
  • 日本にいる家族が滞在費を負担する場合・・・扶養者の住民票、在職証明書、住民税の課税納税証明書
  • 親族関係を証明する書類(親族関係公証書、出生公証書など。コピーOK)
  • 申請者と子供(孫)の写真
  • その他、状況に応じて追加書類あり。

※赤字部分がお客様にご用意いただく書類です。

当事務所では、お子様(お孫さん)が6歳以下の場合に限り、短期滞在ビザの更新手続きをフルサポート(不許可全額返金)しております。具体的には、申請書、理由書、説明書等を作成し、申請書類一式を取り纏め、申請手続きに同行します。

 

短期滞在ビザ申請サポート

当事務所では、短期滞在ビザの申請サポートを行っております。

内容 料金
申請書類一式の作成 20,000円+税
フルサポート(不許可全額返金制 60,000円+税

※申請書類一式の作成とは、招聘理由書、身元保証書、滞在予定表、申請人名簿の作成です。現地で集める書類、日本で集める書類については、ご自身で大使館ウェブサイト等にて確認いただくサービスです(短期滞在査証についての詳細情報は、日本語ページではなく、現地語ページに記載されていることが多いです)。

※フルサポートでは、申請書類一式の作成に加え、取得いただく書類のリストアップ、滞在目的や予定に関する根拠説明書の作成、大使館から求められる追加対応サポートなどを行い、確実に短期滞在ビザを取得いただけるようサポートします。

※フルサポートの場合、万が一、不許可の場合、全額を返金いたします。ただし、ご本人の都合により申請を取りやめた場合、過去に退去強制(強制送還)されている方を除きます。

 

 

短期滞在ビザの更新

原則、短期滞在ビザ(90日)は延長できないのですが、事情によっては更新(延長)できる場合があります。特に、お子様の出産、育児に伴い、外国人の父母(祖父母)が来日されている場合、最大で90日の更新(延長)が認められることがあります。つまり、最大で180日間、日本に滞在できる可能性もあります。詳しくはこちらを参照ください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る