イギリス人との交際、結婚、日本で暮らす時のビザ

イギリス人と付き合う時に注意すること、イギリス人に喜ばれることなどを紹介しています。全てのイギリス人に当てはまるわけではありませんが、参考になれば幸いです。

イギリスの基礎知識

  • 正式国名は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国
  • イギリスの面積は約24.3平方キロ(日本の約3分の2)
  • 人口は約6,500万人
  • 首都はロンドン(人口約879万人,2016年)
  • 国祭日は女王公式誕生日(6月の第二土曜日)
  • 元首は、女王エリザベス二世
  • 首相は、テリーザ・メイ氏(2018年10月現在)
  • 主要な輸出品は、金、自動車、原油(北海油田)
  • 通貨:ポンド(1ポンド=約150円 2018年10月)
  • イギリスに住む日本人の数:約65,000人(2017年)
  • 日本に住むイギリス人の数:約15,000人(2017年)

経験主義の国イギリス

経験主義と言っても哲学の話ではありません。世の中にはいろいろな思想や理論があるけれど、イギリス人は、そういうものに即座に飛びついて、実行しようなどとは考えないというお話です。イギリス人は、それが本当に役に立つのかどうか試してみて、つまり経験してみて、大丈夫と分かったら実行に移すところがあります。

 

イギリス人はマナーを重んじる

何と言っても大事なマナーは「相手に気を遣う」こと。アメリカ人なら、見知らぬ人でもフランクに声を掛けるかもしれませんが、イギリス人はそんなことはしません。相手と話をする切っ掛けを見つけながら、徐々に距離を詰め近付いていきます。また、自分の功績や能力などを人前でアピールすることはせず、謙遜して話すとか、ユーモアに紛らわせるとかします。こういうところは、日本人と似ていますね。

また、テーブルマナーも大事です。食事中は、常に手をテーブルの上に出しておくこと、フォークは左手で持ち右手に持ち替えたりしないこと。食べる時に音をたてないのはもちろんのことですが、気を付けてください。

 

イギリス人の気遣いとプライド

イギリス人は、相手に気を使っていながら、プライドのせいか相手に厳しい言葉を浴びせたりします。それで相手が落ち込みそうになったりすると、場の雰囲気を読んで、またまた気遣いの言葉を送るのです。ちょっとややこしいですね。

でも、裏を返してみれば、相手に気を遣ってもらっているなら、こちらも同じように気配りをする必要があります。相手の話題についていけない、バレエなんて分からないで終わりにしないで、自分の興味と知識を広げたり深めたりすることも大切です。これ、日本でも同じことですよね。

 

パブとティー、そして料理

パブで肝心なのは2つです。一つ目は、日本と違ってオツマミなしでお酒を飲み、お腹がすいたら帰り道で、サンドイッチやフィッシュ&チップスを買って食べながら帰ること。もう一つは、お酒の買い方。4人でパブに行ったら、最初の人が4人分を買い、次の人も4人分を買う、というように順番に行きます。5人で行ったら、5杯飲むことになります。

ティーもイギリスの大事な習慣です。10時、15時のティータイム、朝起きてすぐ、夕食の後など、折りに触れてお茶を飲みます。使っているのは、ほとんどがティーバッグというのは意外です。

フランスやイタリアのように「イギリス料理」というのを聞くことはありませんね。イギリスの料理は味付けが薄く、調理では加熱しすぎるところがあります。イギリス人のパスタにアルデンテはないでしょうね。

 

アメリカ人と一緒にしてほしくない

イギリス人は、アメリカ人と同じと言われることを嫌がります。うかつに話題に出さないよう気を付けてください。

 

ナチュラルな見た目と知性ある内面が人気

イギリス人は、本物志向が強いとされています。それは、容姿に関しても同じです。決して美しい容姿だけが良しとされているというわけではありません。メイクやヘアスタイルにこだわらないナチュラルな見た目にイギリス人は喜んでくれます。更に、内面の美しさを重要視する傾向が強いです。特に知性や教養のある人は好感をもたれます。イギリス人との交際を順調に進めるためには、内面磨きを重要視すると良いです。

 

イギリス人とのデートは基本的に割り勘

イギリスは、紳士の国と言われているので、何でもレディファーストと思いがちです。ですが、実はイギリスには男性が女性におごるという文化が根付いていません。なぜなら、イギリスでは結婚後も共働き世帯が多く、女性も男性と同等の収入を得ていることが多いからです。そのため、基本的に食事やデートにかかる費用は割り勘になります。日本人女性がおごってもらおうと思っていたり、逆に日本人男性がおごってあげようとしたりすると不思議に思われることがあるので注意しましょう。

本音を言いやすい様に話を聞いてあげる

イギリス人は、意外と思ったことを口に出しません。外国人というと、自己主張がはっきりしていて思ったことを何でも口に出すイメージがありますが、イギリス人は控えめな人が多いのが特徴です。思ったことをなかなか言わないところは日本人にも通じるところがあります。言いたいことを心の中にため込んでストレスを感じる人もいます。そのため、イギリス人と付き合う時は、本音を言いやすい様に、ゆっくりと話を聞いてあげる時間を持つと良いでしょう。

手作り料理に感動してもらいやすい

イギリスでは、あまり手料理をする人は多くありません。ソース類や手の込んだ料理はお店で買ってくることが普通です。そのため、手作りの料理を振る舞うとそれだけで感動してもらえる可能性が高いです。特に、和食にこだわる必要はありません。ハンバーグやパスタなどの簡単な料理でも、手作りをすると驚いてもらえます。食の好みが日本人と大きく異なることがあるので、相手の好みの味を聞いて手作りをしてあげると好評価をもらえるでしょう。

イギリス人夫(妻)と日本で暮らすためのビザ(在留資格)

イギリス人と結婚して、ご夫婦が日本で暮らすためには、ビザ(在留資格)を取得する必要があります。当事務所では、このビザ取得を全面的にサポートしております。詳しくはトップページをごらんください。

国際結婚のビザ 徹底解説 (ビザ取得の流れ、必要書類、留意点等)

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る