離婚歴のある外国人との結婚は難しいと聞いたのですが・・・

離婚歴のある外国人、特に日本人との離婚歴のある外国人と結婚する場合、配偶者ビザ申請を慎重に行う必要があります。相手の方が男性でも女性でも同じです。

相手の方に離婚歴がある場合、離婚回数、前婚の期間(何年間結婚していたか)、離婚原因、離婚から再婚までの期間、子供の有無、扶養の有無などなど、前婚についても厳しく審査されます。特に、前の結婚生活に実態がなく、長期間別居していた場合などは、かなり厳しく審査されます。

また、前婚の離婚手続きが両国で法的に成立しているのかも非常に重要です。日本だけで離婚手続きが成立していて、外国人の本国では既婚のままである場合、あなたとの婚姻手続きが難航する可能性があります。

この他、離婚歴のある外国人と結婚され、配偶者ビザを申請される場合、注意すべき点が多数あります。確実に配偶者ビザを取得するためには、プロのアドバイスを受けたほうが安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る