日本で結婚するために短期ビザで来日し、配偶者ビザに変更できる?

日本に住んでいる日本人または外国人の婚約者として入国し、日本で結婚することを予定している場合、まだその時点では法律上の結婚が成立していないため、在留資格「日本人の配偶者等」を取得することはできません。

査証免除国(欧米諸国、韓国、台湾など)の方であれば、90日以内(国による)の来日は自由ですので、来日してから日本で婚姻手続きを行うことができます。

査証免除国でない場合、現地国にある日本大使館や総領事館などで「日本で結婚するために婚約者を訪問します」ということをはっきりと伝え「短期滞在ビザ」を申請することになります。

短期滞在ビザ取得のための手続きの流れとしては、次のとおりです。

  • 日本及び海外での書類収集・作成
  • 必要書類を海外の婚約者へ送付
  • 海外の婚約者が居住地最寄りの日本大使館や総領事館へ申請・審査
  • 審査終了の連絡が来たら、旅券を取りに行く
  • 査証(ビザ)の発給
  • 発給から3か月以内に日本へ入国

この「短期滞在ビザ」の最も注意すべき点は、一度不許可になってしまうと、同一理由の申請は約6ヶ月間できなくなり、さらに次回の申請時はより厳しく審査されることになるということです。

なお、結婚手続きのために、短期滞在ビザで来日する場合、事前に婚姻手続きに必要となる書類を調べ、外国人の母国でしか取得できない出生証明書、独身証明書などを持参したほうがよいです。

4797e8d643b41fd7a29ae7a4ccc30858_s

結婚する前に日本に留学する場合

国際結婚する前に、数か月間日本語学校に通いたい場合、90日以内であれば、「短期滞在ビザ」を取得して日本語学校に通うことができます。欧米諸国など、査証免除国の場合は、母国でビザを取得せずに入国することも可能です。

結婚する前、つまり配偶者ビザを取得する前に、90日以上かけて日本語学校に通いたい場合、「留学」ビザを申請することになります。留学ビザの手続きは、ほとんどの学校が無料で行ってくれます。ただし、学費を支払う必要があります。日本語学校によっては、大学卒業、もしくは日本語能力試験に合格していないと入学を受け付けていない学校もありますので、事前に学校に相談してみてください。「日本語学校 地域名」で検索すると出てきます。

査証免除国の外国人が短期で来日するとき注意すること

査証免除国の外国人が来日する場合、注意する点が幾つかあります。いくらノービザ(ビザなし入国可能)といっても、空港での入国審査が簡単になるわけではありません。ツアー旅行ではなく、個人で来日した場合、その時の審査方針、不法滞在者関連の事件や世論などによって、非常に厳しく審査されることがあります。特に何度も来日している方は、次回の入国時に別室に連れていかれる可能性もありますので、以下の点に注意しておきましょう。

空港の入国審査で聞かれる質問に対し、明確に回答できるようにしておく
空港の入国審査では、来日目的、予定滞在日数、滞在先、日本に家族や婚約者がいるか否か、などが聞かれます。一番よいのは、滞在予定表を作っておき、それを入国審査時に見せることです。いつ、どこで、何をする予定なのか、滞在ホテルはどこなのか、箇条書きでもよいので、きちんと書面にしておきましょう。また、滞在日数が少ないのに、荷物が多い場合、その理由も書いておいたほうがよいです。

日本に家族や友人、知人がいる場合は、空港まで迎えに来てもらう。
本当は、事前に身元保証書を用意して、それを持って入国するのがベストですが、そこまでできない場合は、空港まで迎えに来てもらいましょう。

 

「短期滞在ビザ」→「日本人の配偶者等」への在留資格変更

「短期滞在」から「日本人の配偶者等」へ在留資格を変更することは、原則できないとされています。ただ、この手続きについては、管轄する入国管理局によって扱いが異なります。

2018年10月現在、東京入国管理局では、この申請を受理(受付)してもらえます。しかし、この方法を使える場合と、使わないほうがよい場合(一旦、本国に帰国したほうがよい場合)があります。この点は、ご夫婦の状況とその時点での審査傾向、許可傾向、リスクなどを総合的に判断し、どの方法を選ぶのがベストなのか決めたほうがよいです。

当事務所では、初回の相談時(無料相談)に、この点について詳しくご案内しております。電話だけでは正確な判断が難しいため、来所相談もしくはスカイプでの相談(地方在住の方)となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る