配偶者ビザに必要な書類の翻訳は専門業者に依頼したほうがよい?

配偶者ビザの申請時には、原則として、本国から発行された婚姻証明書を添付する必要があります。婚姻証明書は、その国の言語で書かれますので、日本語訳も必要です。

この翻訳については、誰が行ってもよいことになっております。ただ、直訳すると変な日本語になったり、そもそも現地国の婚姻制度を理解していないと翻訳できないこともあります。ご自身で翻訳される場合には、この点を注意してください。

当事務所では、英語、中国語、韓国語の婚姻証明書について、翻訳が必要な場合は無料にて行っております(配偶者ビザ申請を依頼いただいた方のみ)。他の言語の翻訳については、オプションで対応しております。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る