在留特別許可

在留特別許可とは

在留特別許可とは、特別な事情を考慮されて与えられる在留資格(ビザ)のことです。本来であれば該当する在留資格がないため、すぐにでも日本から出国しなければならないのですが、在留特別許可が認められれば、引き続き日本に住むことができます。

在留特別許可は簡単に認められるものではありません。個々の案件ごとに、在留を希望する理由、扶養家族の有無、子供の有無、勤務状況、国内外の情勢など、さまざまな事情を考慮し、最終的には法務大臣が決定します。また、当該外国人に対する人道的な配慮や、他の不法滞在者に及ぼす影響なども考慮されます。

このため、提出書類や面談での受け答えが非常に重要になってきます。提出書類や面談での質問内容は、個々のケースによって異なります。

当事務所では、在留特別許可を希望される外国人の方に対し、提出書類の作成や面談時のアドバイスなどを行っておりますので、どうしても日本に住みたいという場合は、ご相談ください。

在留特別許可が認められやすいケース

  • 日本人と結婚し、同居している
  • 日本人との間に子供がいる
  • 長年日本に住んでおり、税金等の義務を果たしている
  • その他、人道的配慮が必要な場合

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る