外国人のビザ・在留資格とは

在留資格とは、簡単に言うと、外国人が日本に住むための資格です。外国人が、日本に住みたい場合、その目的に応じて在留資格が与えられます。現在、27種類の在留資格がありますが、国際結婚に際してよく利用されるのは、以下です。なお、帰化した場合、国籍が日本となりますので、在留資格は不要となります。

  • 日本人と結婚した場合・・・「日本人の配偶者等」
  • 日本人と離婚した場合・・・「定住者」
  • 離婚後、就職した場合・・・「国際業務・人文知識」「技術」「技能」など
  • 永住権を取得した場合・・・「永住者」
  • 永住者と結婚した場合・・・「永住者の配偶者等」

配偶者ビザについて

国際結婚手続きが完了し、正式に夫婦となったとしても、外国人配偶者が日本に住めるとは限りません。外国人配偶者が日本で暮らすためには、外国人配偶者のビザを取得する必要があります。正確には、「日本人の配偶者等」という在留資格です。

偽装結婚でもない限り、結婚手続きが完了していれば、ビザの手続きもスムーズに行われますが、ビザの取得が難しいことがあります。例えば、外国人配偶者が日本人と離婚して年数がたっておらず、以前の結婚に実態が伴っていない場合や、以前にオーバーステイの経験がある場合などです。

当事務所では、外国人配偶者のビザ申請に関する豊富な経験がありますので、こうしたケースにおいても、確実にビザが取得できるよう、サポートいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る