「日本人の配偶者ビザ」の更新

日本人の配偶者等ビザの更新

在留資格「日本人の配偶者等(配偶者ビザ)」は、通常、1年もしくは3年毎、5年毎に更新する必要があります。結婚後にずっと同居されていて、安定した世帯収入があり、住民税などの税金を払っている場合、問題なく更新できることが多いです。ただ、配偶者ビザの更新手続きは面倒です。更新手続きをするためには、役所から書類を集め、指定の書式で申請書類を作成し、平日の昼間に入国管理局に最低でも2度行く必要(更新申請と受取)があります。当事務所では、こうした煩雑な手続きを代行しております。

更新手続きを完璧にしておくと、永住者ビザを取得する際もスムーズです。更新時には、多少の記載ミスがあっても更新許可されることが多いですが、永住者ビザの場合はそうはいきません。過去の更新時の書類内容との整合性も審査されます。

日本人と結婚した外国人の場合、結婚してから最短3年で永住者ビザを取得できます。当事務所では、できるだけ最短で永住者ビザを取得いただけるよう、丁寧に更新手続きを行っております。

以下の方に最適なサービスです。

  • 書類作成や申請など、面倒なことは全て任せたい。
  • 書類を書いたり、入国管理局に何度も行ったりする時間がない。

 

配偶者ビザ更新が難しいケース(ビザ専門事務所に依頼されたほうが良いケース)

下記のようなケースでは、最低限だけの書類を提出しても、更新が難航することが多いです。更新の審査では、婚姻状態が継続しているか、経済的に問題ないか、今後も婚姻状態が継続するという確証が得られるかなどが判断材料となります。これらを念頭において、経緯・事情説明書や根拠資料を用意し、手続きを進めることで許可を得やすくなります。下記の状況の方の場合、詳しい事情をお聞きした上で、許可可能性と料金をお伝えします。

  • 日本人夫が海外赴任しており、外国人妻だけが日本に住んでいる。
  • 夫婦の住民票が別であった期間がある。
  • 夫婦が別居している。
  • 更新時期に日本人夫が無職になってしまった。
  • 海外(母国など)へ行っていた期間が長い。(夫婦一緒なら問題ありません)
  • 離婚した → 更新はできませんので、他のビザ(定住者ビザ等)に変更する必要があります。

配偶者ビザ更新の必要書類

必要書類は、人によって異なりますが、最低限必要な書類は下記になります。 配偶者ビザを確実に更新するため、追加で提出したほうがよい書類もございます。 追加提出書類について詳しくお知りになりたい場合、当事務所での相談をご予約ください。

  • 在留資格更新申請書
  • 証明写真(3ヶ月以内に撮影したもの・4×3cm)
  • 身元保証書
  • パスポート(原本)
  • 在留カード(原本)
  • 戸籍謄本(発行日から3か月以内のもの)
  • 直近年度についての住民税の納税証明書
  • 直近年度についての住民税の課税証明書(年間所得、課税額が記載されたもの)
  • 世帯全員の記載のある住民票(発行日から3か月以内のもの)
  • その他、状況に応じて追加書類あり

配偶者ビザ更新の料金

料金 印紙代 税込合計
前回も当事務所でサポート 26,000円+税 4,000円 32,080円
今回はじめてのご依頼 30,000円+税 4,000円 36,400円
このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る