仮放免許可

外国人が不法滞在で警察に捕まった場合、拘置所で最大20日間拘留されることがあります。ただし、黙秘などをせず状況を正直に話せば、3日くらい拘留された後、入国管理局に収容されます。今、東京入管ではこの収容者があふれている状態です。

原則として、強制送還されるまで収容されることになるのですが、仮放免という制度があります。仮放免されるためには3つのポイントがあります。

①保証人がいること
②保証金を用意できること(入管では最大300万円まで保証金を要求することができます)
③正当な理由があること(理由書の中で、逃亡のおそれがなく素行が善良であること等を明記する)

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る