上陸特別許可

上陸特別許可とは

上陸特別許可とは、過去の不法滞在、不法就労などにより、5年経過しないと日本に入国できない処分を受けた外国人に対し、特別な事情を考慮して与えられる上陸許可(入国許可)のことです。本来であれば、5年経過していないと、入国はできないのですが、上陸特別許可が認められれば、日本に入国することができます。

しかし、上陸特別許可は簡単に認められるものではありません。既に日本にいる外国人に対して与えられる「在留特別許可」と比較しても、難しいと言われております。

上陸特別許可を得るためには、さまざまな書類を準備し、入国管理局に提出する必要があります。どのような書類を用意すべきかについては、人によって異なりますので、詳しくお知りになりたい場合、当事務所までご相談ください。

上陸特別許可が認められやすいケース

  • 退去強制処分(5年間の入国禁止処分)から3年以上経過している。
  • 日本人と結婚してから1年以上経過している。
  • 日本人との間に子供がいる。
  • 日本人配偶者に十分な収入や資産がある。

上陸特別許可申請

当事務所では、上陸特別許可申請を行っております。

上陸特別許可申請を行うための書類作成や手続きは、非常に煩雑であり、時間もかかります。当事務所では、書類作成をはじめ、こうした手続きを全面的にサポートしております。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る