来日している外国人配偶者の家族のビザを延長することは可能ですか?

原則として、親族訪問を目的とした短期滞在ビザを更新することはできませんが、特別な事情がある場合、更新できる可能性があります。例えば、子供(孫)の面倒を見るため、更新したい場合、病気にかかって安静にする必要がある場合、外国人配偶者が入院し、その看病が必要になったりした場合などです。こうした特別な事情の場合、口頭で説明するだけはなく、証拠書類を添付して更新手続きを行う必要があります。

短期滞在ビザの必要書類については、更新理由により異なります。子供が未就学児(6歳以下)の場合については、下記の書類が必要となります。

  • パスポート
  • ビザ更新の申請書
  • 短期滞在の更新を必要とする理由書
  • 入国してから現在までの活動を証明する資料(説明書など)
  • 本人が滞在費を負担する場合・・・預金残高証明書、外貨両替の領収書など
  • 日本にいる家族が滞在費を負担する場合・・・世帯全員分の住民票、在職証明書等、源泉徴収票
  • 親族関係を証明する書類(親族関係公証書、出生公証書など。コピーOK)
  • 申請者と子供(孫)の写真
  • その他、状況に応じて追加書類あり。

※赤字部分がお客様にご用意いただく書類です。

当事務所では、お子様(お孫さん)が6歳以下の場合に限り、短期滞在ビザの更新手続きをサポートしております。具体的には、申請書、理由書、説明書等を作成し、申請書類一式を取り纏め、申請手続きに同行します。

料金については、状況により異なりますので、お問合せください。また、状況によっては許可の可能性が短期滞在ビザの更新が不許可の場合、料金は発生しません(完全成功報酬制)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る