日本に住む外国人が別の日本人と再婚した場合のビザはどうなりますか?

日本人と離婚した外国人が、別の日本人と結婚する場合、入国管理局にて「配偶者変更」の届けを出す必要があります。そして、日本人の配偶者等の在留資格(配偶者ビザ)を更新する時には、新規申請(配偶者ビザをはじめて申請する)の時と同様の書類が必要です。

配偶者が変更になっている場合(再婚の場合)、配偶者ビザから他のビザに変更するわけではありません。つまり手続き的には更新手続きなのですが、実質的には新規申請以上の厳しい審査が行われます。

現在の在留資格の制度では、離婚した場合でも、いきなり配偶者ビザが無効となるわけではありません。離婚してから6カ月以上経過すると、退去強制(強制送還)の対象となります。

離婚後、在留期限までに再婚できない場合

現在の婚姻に関する制度によると、女性が再婚する場合、100日以上経過しないと再婚できません。(役所によっては離婚後6か月経過しないと婚姻届けを受理しないこともあります)。ですから、離婚後、100日、もしくは6か月以内に、再婚することが難しい場合、いったん、「定住者ビザ」等への変更手続きを行う必要があります。定住者ビザの条件はかなり複雑です。方法を間違えると、本来許可されうるべきビザが許可されない可能性もありますので、ビザ専門事務所(当事務所)のサポートを受けたほうが安心です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る