日本人が無職の場合、外国人配偶者が在留資格を取得できますか?

日本人の夫や妻が無職(もしくは低収入)であっても、外国人配偶者が日本で安定した仕事を持っていれば、経済的な要件としては問題はありません。つまり、夫婦のいずれかが、安定した仕事を持っており、継続した収入があれば、経済的な要件は問題ありません。

安定収入を証明するためには、区・市町村役所が発行する「住民税の課税証明書・納税証明書」を提出する必要があります。つまり、実際には相応の収入があるけれど、書類上の収入が低い場合、ビザ取得やビザ更新ができない可能性もありますのでご注意ください。

また、夫婦ともに無職(もしくは夫婦合算しても収入が少ない)場合、夫婦それぞれの預金残高証明書を提出し、ご両親などに身元保証人になってもらうことで、在留資格を取得できる可能性があります。この場合、無職である理由や再就職の見込みなどを証拠とともに書面で説明する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る