中国人との結婚手続き

国際結婚した後、夫婦一緒に日本で暮らすためには、両国の婚姻手続きを確実に行っておく必要があります。通常の国際結婚の流れは下記となりますが、民政局によって、市町村役場によっては、独自の書類が必要になることもあります。当事務所では、配偶者ビザの手続きを依頼いたいた方については、婚姻手続きについてのサポートも行っております。詳しくはお問合せください。

中国で先に婚姻手続きを行う場合(原則、この方法をお勧めします)

1.中国での婚姻手続き

相手の方(中国人)の戸籍地の民政局(婚姻登記処)にて婚姻手続きを行います。

必要書類については、中国の場合、明確に決まっておらず、民政局によって書類の種類が異なることが多いですので、正確には事前に相手の方から民政局に確認いただいたほうが確実です。(日本側から国際電話等で事前確認しても意味がないことが多いです。事前確認した内容と実際の必要書類が異なることが多々あります)

<一般的な必要書類>

  • 日本人の婚姻要件具備証明書(日本国外務省、中国大使館の認証があるもの
  • 日本人の戸籍謄本
  • 上記書類の翻訳(翻訳については、民政局から翻訳会社を指定されることが多いです。翻訳会社は、民政局の隣の建物にあることが多いです)
  • その他(過去には、健康診断書、納税証明書などを求められることがありましたが、最近、その他の書類は不要のことが多いです)

2.中国での婚姻証明書の取得

民政局で、「結婚証」が発行されますので、それを持って、最寄りの公証処に行き「結婚公証書」を2部取得してください。

※公証所の場所については、民政局でも教えてくれます(民政局内にある場合もあり)

3.日本での婚姻手続き

日本に帰国した後、日本人の住所地(もしくは本籍地)の市役所・区役所等で、婚姻届けを提出ください。この時の必要書類は、市役所によって異なります。事前に市役所に確認されてから婚姻手続きを行ってください。なお、一般的には下記の書類が必要となります。

  • 日本人の戸籍謄本
  • 中国で発行された婚姻公証書とその日本語訳
  • 中国人の出生公証書とその日本語訳
  • 中国人のパスポート(顔写真ページ)のコピー

4.日本に呼び寄せるための在留資格(配偶者ビザ)申請

ご依頼後、必要書類等について詳しくご案内いたします。

 

日本で先に婚姻手続きを行う場合

1.日本での婚姻手続き

日本人の住所地(もしくは本籍地)の市役所・区役所等で、婚姻届けを提出ください。この時の必要書類は、市役所によって異なります。事前に市役所に確認されてから婚姻手続きを行ってください。なお、一般的には下記の書類が必要となります。

  • 日本人の戸籍謄本
  • 中国人の独身証明書(原本及び日本語訳)
  • 中国人の出生公証書(原本及び日本語訳)
  • 中国人のパスポート(原本)
  • 中国人の在留カード(原本)  在留カードがない方については市役所にて相談。

2.婚姻届受理証明書、戸籍謄本の取得

婚姻届けを提出した市役所にて、上記書類を取得ください。

3.中国での婚姻手続き

現在、在東京中国大使館では、日本で先に婚姻した場合、大使館への報告は不要とされています。このため、中国側の婚姻手続きについては、中国人の戸籍地の民政局等で行ってください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る