ビザ更新のため、在留カードを預けても問題ないですか?

ビザ手続きのため、弁護士、行政書士にパスポート、在留カードを預けることは、法律違反とはなりません。
入国管理局のホームページでも、そのことが明記されております。

Q45:在留期間更新許可申請等の際,取次行政書士に依頼して申請する場合に在留カードを行政書士に預けてしまえば,携帯義務違反となりますか。
回答:法令で定められた方が本人に代わって在留カードを提出,受領する場合は,法定されたそれぞれの行為の範囲内において,本人の携帯義務違反にはなりません。

※法令で定められた方というのは、法務省入国管理局に届け出をしている申請取次行政書士、弁護士のことを指します。もちろん、当事務所でも、申請取次行政書士が、直接、在留カードを預かります。預かっている間は、預かり証明書を発行しております。
現状、少なくとも、年間で数万人の外国人が弁護士や行政書士に在留カードを一時的に預けておられますので、ご安心ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る