ビザの有効期間は何年ですか?

現行のビザ制度では、ビザの有効期間は、90日、6ヶ月、1年、3年、5年となっております。日本人の配偶者の在留資格(配偶者ビザ)の場合、1年、3年、5年になっている方が多いと思います。

通常、配偶者ビザをはじめて取得した時は1年ビザ、そして2回目、もしくは3回目の更新時に3年ビザ(あるいは5年ビザ)になることが多いです。3年ビザを取得できれば、すぐに永住ビザを申請できます。例外ケースもありますが、ほとんどの方はこのパターンになります。

逆に、3回目の更新なのに、まだ1年ビザだった場合、必ず理由があります。配偶者ビザの場合は、夫婦の住民票住所が別である、世帯収入の安定性に欠けるなどの理由が多いです。特に、扶養者が自営業の方の場合、書類上の年収が低いため、1年ビザしか許可されない方も多いようです。

こうした場合、今からでもよいので、今後はしっかり確定申告して収入の安定性を上げていただき、ビザ更新することをお勧めします。書類上の収入が少ない理由をどんなに丁寧に説明しても効果はほとんどありません。

当事務所では、ビザ更新のサポートも行っております。更新だけできればよいのではなく、できるだけ早期に3年ビザ、そして永住ビザを取得できるようなアドバイスも含めてサポートしております。

配偶者ビザの更新についてのページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る