国際結婚相談所で出会った場合、ビザ取得は難しいですか?

国際結婚相談所(国際結婚仲介会社)を通して出会い、結婚に至る場合、夫婦が実際に会っている日数が少ないことが多いです。

結婚相談所によっても異なりますが、多くの場合、1回~2回、相手国に行き、複数の方とお見合いをして、その中から一人に絞って、数日デートをして(一日だけの場合もあります)、すぐに結婚という流れになることもあるようです。

もちろん、結婚というのは当事者二人の問題ですから、どんなに交際日数が少なくても結婚はできます。しかし、結婚できることと、「日本人の配偶者」という在留資格(配偶者ビザ)が許可されることとは、全くの別問題です。

国際結婚相談所に登録している相手の方によっては、日本人だから結婚した、日本に行けるから結婚したという方も少なからずおられます。また、相手の方によっては、言葉が十分に通じないこともあります。

配偶者ビザを取得するためには、こうした懸念を払拭する必要があります。つまり、真剣に交際して結婚に至ったという事実を様々な角度で証明しなければなりません。単純に二人の写真が沢山ある、両親とも会っているというだけでは証明力が弱いです。

当事務所では、現在数社の結婚相談所(国際結婚仲介会社)と顧問契約させていただき、配偶者ビザ申請をサポートしております。ほとんどの結婚相談所には、顧問の行政書士もしくは弁護士がおられますので、配偶者ビザについても、顧問事務所に依頼されたほうが安心です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る