外国人の親を日本に呼ぶ(長期)

高齢になった外国人配偶者の親を長期で日本に呼びよせたい時、次の2つの方法があります。

日本の病院に入院して治療を受ける場合

日本の病院に入院して治療を受ける場合、医療滞在を目的とする「特定活動」という在留資格(ビザ)を取得できる可能性があります。通院のみの治療は該当しません。このビザを取得するためには、入院が絶対条件となります。滞在期間は、病院から発行される診断書や、治療計画書、その他添付書類の内容に基づき決まります。通常、入院期間だけでなく、その後の自宅療養期間も含めて、ビザの期間が決まります。

高齢の親を日本で引き取り、扶養したい場合

高齢の親を日本に呼び寄せて扶養することを目的とする在留資格の制度は存在します。ただし、これは、本当にやむをえない事情がある、人道的に許可せざるを得ないという事情の場合に、許可されます。

 

当事務所でサポートして許可になったケースとしては、本国に片親しかおらず、面倒を見てくれる親族(子供、兄弟姉妹など)もおらず、本人が70歳以上になっている場合でした。提出書類(証拠書類、申請書類、添付書類)を完璧に用意して申請することで許可になった事例があります。

 

両親が揃っていたり、まだ若かったり、本国にも子供や兄弟姉妹がいる場合、「言葉の分からない日本に来るよりも、本国でもなんとかなるでしょう」という判断をされることが多いです。
ただ、両親が揃っていれば絶対にダメということではなく、個別事情により、慎重に判断されますので、どうしても呼び寄せたいという方は、来所相談をご予約ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る