日本で結婚するために婚約者として入国したいのですが、手続きはどうなりますか?

日本に住んでいる日本人または外国人の婚約者として入国し、日本で結婚することを予定している場合、まだその時点では法律上の結婚が成立していないため、在留資格「日本人の配偶者等」、「家族滞在」、「永住者の配偶者等」には当たりません。

そのため、海外にある日本大使館や総領事館などで「日本で結婚するために婚約者を訪問します」ということをはっきりと伝え「短期滞在ビザ」を申請することになります。

短期滞在ビザ取得のための手続きの流れとしては、次のとおりです。

  • 日本及び海外での書類収集・作成
  • 必要書類を海外の婚約者へ送付
  • 海外の婚約者が居住地最寄りの日本大使館や総領事館へ申請・審査
  • 審査終了の連絡が来たら、旅券を取りに行く
  • 査証(ビザ)の発給
  • 発給から3か月以内に日本へ入国

この「短期滞在ビザ」の最も注意すべき点は、一度不許可になってしまうと、同一理由の申請は約6ヶ月間できなくなり、さらに次回の申請時はより厳しく審査されることになるということです。

短期滞在ビザ申請が不許可になってしまうと、結婚も遅れてしまいます。

結婚を決め、お二人が最も熱い時期ですので、一刻も早く結婚したい、一緒に暮らしたいとお思いだと思います。

少しでも早く一緒に過ごすために、専門家に依頼されることをお勧めいたします。

4797e8d643b41fd7a29ae7a4ccc30858_s

「短期滞在ビザ」→「日本人の配偶者等」への在留資格変更

短期滞在ビザ取得後、日本に入国し、結婚の手続きをすれば、最寄りの入国管理局にて、「日本人の配偶者等」等への在留資格変更申請をすることができます。ここで、注意していただきたいのは、「申請」はできますが、「許可」が保証されているわけではありません。また、一部の地方入国管理局では、よほどの理由がない限り、「短期滞在ビザ」→「日本人の配偶者等」への在留資格変更を認めていません。現在、東京入国管理局管轄(関東甲信越地方在住の方)であれば、この変更申請自体は受け付けてもらえます。そして、許可が得られれば、晴れて配偶者としての立場で日本に滞在できるようになります。

当事務所は「結婚のための短期ビザ」の取得から「日本人の配偶者等」等への変更、その後の「永住者」への変更までサポートしております。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る