出会サイトや婚活サイトで出会った場合、審査は厳しくなりますか?

インターネットで出会った場合、どうしても審査は厳しくなります

日本人と外国人が国際結婚して、日本で一緒に生活する場合、一般的には「日本人の配偶者等」のいわゆる配偶者ビザを取得することになります。このビザを取得するときのポイントは、結婚が真正なものである、ということをあらゆる角度から証明していくことです。その中でも入管の審査官が気にする一つのポイントが「どこでどのように出会ったのか」という出会いの部分です。

インターネットの発達により、出会い系サイトなどで出会い、国際結婚されるカップルも増え、当事務所も、多くのご依頼をいただいています。出会い系サイトがきっかけとなるだけで、多くの方は真面目に出会いを求め、恋愛し、結婚に至っています。

しかし、なかには偽装結婚ブローカーのような悪質な業者もありますし、真面目な業者であったとしても、お金や日本で働くことが目的で、そのために結婚してビザを取得したいと考える外国人が登録していることもあります。

実際、これら悪徳業者や偽装結婚をする人が相当数いたため、残念ながら、出会い系サイト等で出会ったカップルが配偶者ビザを取得するときに厳しく審査されることになります。

審査過程で、審査官に偽装結婚ではないと認められるための説明責任は、申請人側にあります。そのため、添付する資料や質問書、理由書などで二人の結婚が真実である旨を精一杯説明していかなければなりません。

申請書作成のポイント

作成のポイントは「出会い系サイト等が怪しいところでは無いということをしっかり説明する」「二人が真剣に交際をしているその経緯を、証拠をそろえてしっかり説明する」この2点につきます。多くの人が使う有名なサイトであればその旨を記載したほうがいいでしょうし、どんな会社が運営しているのか会社概要を調べ、説明したほうがよいでしょう。

また交際の経緯も「どれくらいの頻度で、どこで会っているのか」書面を作って説明したり、お互いの国を訪問した時や一緒に旅行した時の航空券などのチケット類、写真などを集めて証明していく必要があります。また場合によってはご両親の嘆願書や外国人配偶者への送金記録なども必要になることもあります。

このように資料の中から必要なものを選び出し、十分な審査資料を提供することが必要になります。

入国管理局のホームページには必要書類が掲載されていますが、必要最低限の書類しか載っておらず、これを提出しただけでは十分な審査資料の提供とはいえません。どんな書類がどれだけ必要で、何を記載すれば十分なのかは、一般にはすべてが公表されていない入管の内部要領等により決まります。

我々入管を専門とする行政書士は法令の研究や同業他社との情報交換等により最新の情報を持つよう努めています。

出会い系等で出会い、配偶者ビザを確実に取得したいという方は、入管専門の行政書士に相談されることをお勧めいたします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る