配偶者ビザは、申請から結果までどれくらいかかりますか?

外国人は日本人と結婚したからといって、当然にビザがもらえるわけではなく、ビザの申請をして、入国管理局の審査をパスしなければいけません。

様々な要因によって結果が出るまでの期間が変わってくるため、一概には言えませんが、審査を行う役所である法務省入国管理局では1か月から3か月を標準処理期間としています。ただ、これは建前であり、個々のケースによって全く違ってきます。早い人は2週間程度、遅い人は3ヶ月以上かかることもあります。

通常、ご本人で申請されるよりも、ビザを専門とする申請取次行政書士に依頼されたほうが、書類の不備・不足などによる補正などが防げ、結果として早く出る傾向にあります。書類の不備・不足などにより、追加書類の提出や補正手続きが発生した場合、審査がストップしてしまうからです。

外国人配偶者が既に日本に住んでおり、配偶者ビザ以外のビザをお持ちの場合は、配偶者ビザが出るまでの間もお二人一緒に日本で暮らすことができます。しかし、海外から呼び寄せる場合は、配偶者ビザがもらえるまでは別々に暮らさなければなりません。

配偶者ビザを申請される方は新婚の方がほとんどですので、一日でも早くビザをもらい一緒に住みたいとお思いのはずです。

 

ビザの審査では、入国管理法などの法律や省令、通達等によって審査基準が決められてはいますが、審査官の裁量による部分もあります。

どんな書類をどれだけ提出すればいいのか。証拠だからと言って、やみくもに大量の書類を提出してしまうと、審査が煩雑になり、書類の整合性が合わない場合も出てきます。結果として、審査の遅れを招いてしまうことがあります。

その点、専門家であれば、どんな書類をどれだけ提出すれば必要十分なのか、日々、入国管理法や関連通達等をチェックしておりますし、業務を通じての経験、同業者との情報交換などにより、把握しております。

なお、当事務所は、ビザの中でも特に配偶者ビザの件数が非常に多く、経験も豊富です。お二人が一緒に暮らせる日まで、所員一同サポートさせていただきますので、伴走させていただけると嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る