在留資格認定証明書を紛失してしまった場合、再発行できますか?

万が一、在留資格認定証明書をなくしてしまった場合、再発行はできません。
ですから、再申請ということになります。つまり、もう一度、同じ書類を揃え、同じように申請します。
この時、1回目の申請書に書いた内容と、違ったことが書いてあると、審査が長引いたり、最悪の場合、不許可となることもありますので、ご注意ください。軽微な相違点であったとしても、ビザ審査上は大きな問題になることがあります。1回目で許可されたのだから、再申請の時は適当に書いても大丈夫だなどとは決して思わないでください。あらぬ誤解を与えないためにも、再申請こそ万全の準備をして申請したほうがよいです。
当事務所にご依頼いただいた方の場合でしたら、万が一、紛失されたとしても、一定期間、申請書のコピーを保管しておりますので、もし、紛失されたお客様がおられましたら、すぐにご連絡ください。
eligibility
1回目の発行から、3か月以内に再申請する場合、住民票や住民税の納税証明書などは、前回のコピーでよい場合が多いです。ただ、戸籍謄本については、再度取得するように指示されることがほとんどです。戸籍謄本には、婚姻しているか否かという重大な情報が記載されているからです。
通常、1回目よりは早く発行される(許可になる)ことが多いですが、絶対ではないです。
できるだけ紛失しないようにご注意ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る