夫婦の年齢差がある場合、配偶者ビザは難しいですか?

夫婦の年齢差がある場合、「日本人の配偶者等の在留資格(配偶者ビザ)」の審査は厳しくなります。年齢差があればあるほど厳しいです。傾向として、年齢差が15歳以上ある場合、審査が厳しくなることが多いです。また、年齢差だけでなく、双方の離婚歴も重要になってきます。年齢差が小さくても、夫婦合わせて離婚歴が3回以上ある場合、厳しい審査があります。特に、前の結婚相手も外国人であった場合(外国人側から言うと、前の結婚相手も日本人であった場合)、今回の結婚についての本気度や安定継続性が慎重に審査されます。

yjimage

こうした場合、お二人の本気度、ご夫婦の結びつきの強さを、複数の手段、複数の角度から証明する必要があります。お二人の写真はもちろんですが、周囲も祝福していることがわかるような写真、手紙。そして、電話やメールの履歴などなど。しかし、これだけはありません。ご夫婦の結びつきを立証する資料は他にもたくさんあります。

当事務所でも、年齢差のあるご夫婦のビザサポートを多数させていただいております。皆さん、相手のことを思い、お互いがお互いを気遣われている様子をお見受けしてきました。また、年齢差や離婚歴があるからこそ、相手への優しさや包容力を持つようになったというお言葉を聞かせていただいたこともあります。

結論から言えば、年齢差があると、ビザ審査は難しくなります。1つの記入ミス、誤記が致命的になります。年齢差がある場合、単なる記入ミスと判断してもらえず、あえて隠したと判断される傾向にあるからです。ですから、書類を完璧にそろえ、ミスなく申請することが非常に重要です。

本件質問とは直接関係ないのですが、当事務所で永住者ビザをサポートさせていただいた年の差ご夫婦から教えていただいた、夫婦仲良くやっていく秘訣を紹介します。あくまで参考です。なお、ご本人の了解を得て紹介しております。

  • 年の差を気にしない。しかし、年齢差のことを「適度に」いじる。
  • 毎日、相手に感謝の言葉をかける。毎週でも可。難しいなら、「ありがとう週間」をつくってその週だけでも。
  • 女性が年上の場合、男性を「適度に」おだてる、ほめる。(おだてすぎると逆効果らしいです)
  • 言葉がわからなくても相手の家族に顔を見せる(スカイプなどでもOK)
  • 相手国の言葉を10単語でよいから覚え、ここぞというときに使う(けんかが一瞬で止まったそうです)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る