海外で不法滞在していた場合、配偶者ビザを取得できますか?

例えば、現在アメリカ合衆国で不法滞在している外国人がいるとします。あなたがその外国人と結婚して日本でともに暮らしたい場合、幾つか確認しておくべき点があります。例えば、①不法滞在していた年数、②国際手配になっていないかどうか、③アメリカ合衆国において、不法滞在が懲役や禁固に該当するのかどうか、などです。

もし、その国で1年以上の懲役や禁固になっていた場合、すぐに日本に呼び寄せることはかなり難しいです(上陸拒否(入国拒否)基準に該当するため)。

また、①と②の状況によっては、日本に呼び寄せる際の「日本人の配偶者等の在留資格(配偶者ビザ)」の審査が厳しくなります。配偶者ビザを申請する前にやるべきことや、書類の集め方にも注意が必要です。

このケースの場合、詳細な事実確認をした上で、やるべきことが幾つかありますので、よろしければ一度当事務所までご相談ください。電話もしくはメールにて面談相談(初回無料)をご予約ください。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る