自分の母国以外で短期滞在ビザを申請できますか?

短期滞在ビザを申請する場合、原則は、その方の本国の日本大使館(もしくは大使館が指定する旅行会社など)で申請します。ですが、その外国人が本国にいない場合、例えば、アメリカに住んでいる韓国人の場合、アメリカにある日本領事館でも申請できるのでしょうか?

こうしたケースについては、明確な決まりがあるわけではなく、大使館がその都度個別判断して決めます。

一般的には、その国に住所がある場合(住民登録などをしている)、本国以外でも申請できることがあります。ただし、その時の様々な事情により、受付自体も拒否されることもあります。ですから、その国の日本大使館に事前確認することが一番確実です。

その国に住所がなく、たまたま旅行で訪問中であるなどの場合、よほどの事情がない限り、その国では申請できません。なぜなら、住所がないと、その国の大使館では、ビザを審査する上での必要な情報が何もないからです。

いずれにしても、こうしたケースでは、明確な決まりはありませんし、原則と例外があります。受理するかどうか決めるのは、その国の日本大使館(もしくは領事館)ですので、大使館等に事前確認してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る