配偶者ビザを申請する時、日本と相手国の両方で結婚届を出す必要がありますか?

配偶者ビザの申請に必要な書類の中に、「相手国から発行された婚姻証明書(日本語訳含む)」という書類があります。ですので、原則としては、日本と相手国の両方の婚姻証明書が必要です。(日本の場合は、戸籍謄本でOK)

夫婦の両方が日本に住んでいる場合、日本国内にある相手国の大使館で婚姻届を出すことになります。ただし、大使館によっては、婚姻証明書を発行しないところもあります。また、現時点では発行されないが、過去には発行された、あるいは突然発行されるようになることもあります。

ビザ審査を行う機関である入国管理局では、そのあたりの事情をリアルタイムで把握しているわけではない(物理的に全ての国・地域の事情をリアルタイムで把握するのは困難)ため、原則、両国の婚姻証明書を求めています。

大使館から婚姻証明書を発行されない場合は、当該大使館に問い合わせた日時、相手の担当者名、職位(領事官補佐など)をメモしておいたほうがよいです。また、担当者名が不明の場合は、性別、日本人か否かをメモしておきましょう。

いずれにしても、婚姻証明書というのは、ビザ審査を行う上で、かなり重要な書類です。

当事務所では、大使館から婚姻証明書が発行されない場合には、他の書類で補完したり、場合によっては、本国の家族法を調査し、説明書を添付するなどし、確実に配偶者ビザが許可されるように手続きを行っております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る