家族滞在ビザから定住者ビザへの変更は難しいですか?

家族滞在ビザというのは、簡単にいうと、日本で働く外国人の配偶者または子に与えられるビザです。例えば、家族滞在ビザを持っている外国人妻が離婚した場合、定住者ビザに変更できる可能性があります。また、家族滞在ビザで日本に住んでいた子が成人し、日本で働きたい場合も、定住者ビザに変更できる可能性があります。

ただ、家族滞在ビザから定住者ビザへの変更は、かなり難しいです。日本在住年数や学歴、収入源、預金額、持家の有無、日本に引き続き住む必要性などが厳しく審査されますし、提出書類も多くなります。

現状としては、家族滞在ビザから定住者ビザに変更できる方は、10年以上、「継続して」日本に住んでいる方が多いです。この「継続して」という要素が重要です。日本と母国を行ったり来たりという状況ですと、日本への定住性が少ないと判断され、定住者ビザの取得も難しくなります。

また、義務教育の大半を日本で過ごしている場合、定住者への変更もしやすいといえます。

日本に住んでいる年数が少ない方の場合、日本で就職し、就労ビザに切り替え、永住ビザの申請もしくは帰化申請(日本国籍の取得)されるほうが確実かと思います。

ちなみに、日本在住についての年数要件は下記です。
永住者ビザ・・・日本在住10年以上、そのうち就労ビザの期間が5年以上あること
帰化・・・日本在住5年以上、そのうち就労ビザの期間が3年以上あること

なお、日本人や永住者と結婚した場合、上記の条件は緩和(必要年数が少なくなる)されます。
また、日本人と養子縁組をした場合や、日本国籍の未成年の子を育てている場合なども、条件が緩和される傾向にあります。

当事務所では、ビザや帰化に関する無料相談を行っております。この手続きを検討されている場合、ご予約の上、当事務所まで来所ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る