外国人技能実習生が結婚した場合、配偶者ビザに変更できる?

外国人技能実習生(研修生とも呼ばれます)は、「技能実習ビザ」というビザを得て日本に住んでいます。このビザの本来の目的は、当該外国人が日本で高度な技術や知識を学び、その技術等を母国に戻って活かしてもううことです。ですから、日本人と結婚して、引き続き日本に住む場合、本来の目的とは異なってしまいます。

このため、現行制度では、原則として、技能実習ビザから配偶者ビザ(他のビザも含む)への変更は認められていません。しかし、例外もあります。例えば、その外国人技能実習生が妊娠している場合、すでに出産して子供がいる場合などです。

上記の例外以外の場合、一旦帰国して、再度呼び寄せることになります。この場合、在留資格認定証明書交付申請という手続きになります。ただ、技能実習の期間が終了してからすぐにまた呼び寄せるとなると、簡単ではありません。この場合も、やはり上記の本来目的と異なるからです。

技能実習ビザから配偶者ビザへの変更申請の場合、もしくは一旦帰国して再度呼び寄せる場合、入国管理局から指示された必須書類だけを提出しても、かなりの確率で不許可になります。追加で提出すべき書類については、個々のケースで大きく異なります。技能実習ビザから配偶者ビザへ変更されたい場合、もしくは元技能実習生と結婚して呼び寄せたい場合、当事務所までご相談ください。

なお、この件に関する相談は、電話やメールで対応できる内容ではないため、面談相談のみとさせていただいております。面談相談をご予約いただければ幸いです。初回は無料相談です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る