外国人女性でも、離婚後6ヶ月たたないと再婚できないのですか?

2016年6月7日に、日本国民法が改正され、女性が離婚してから100日を経過すれば、再婚できることとなりました。この100日の期間は、「待婚期間」と呼ばれ、日本以外でも幾つかの国でこうした制約があります。

外国人女性の場合であっても、この制約があり、日本国内の役所では、前婚から100日が経過しないと婚姻届を受理してくれません。ただし、外国人女性の母国で既に婚姻が成立しており、母国からの婚姻証明書が出る場合、日本の役所によっては受理しているところもあります。

日本人の配偶者等の在留資格(配偶者ビザ)を取得するためには、日本での婚姻が絶対条件です。

もし、前夫との婚姻に伴う配偶者ビザの期限がまだ残っており、既に日本にいる外国人女性の場合、今の配偶者ビザが切れたとしても、新しい夫との婚姻が成立するまで(離婚から100日が経過するまで)、特別にビザが許可されるケースもあります。この手続きは少し複雑ですが、当事務所では、こうしたケースも経験がありますので、詳しくはお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る