外国人留学生が日本人と結婚した場合、すぐに配偶者ビザへ変更したほうがよい?

留学生が日本人と結婚する場合、留学ビザから配偶者ビザへ変更することができます。この場合、申請の期限は特にありません。結婚してすぐに変更してもよいですし、学校を卒業してから配偶者ビザに変更しても構いません。

ただし、留学生が学校に通っていない場合、あるいは退学した後に結婚された場合、かなり厳しく審査されます。「もう学校に行きたくないから、結婚したのではないか」とか、「就労目的のビザ変更ではないか」と疑われることがよくあります。ですから、慎重に申請する必要があります。

また、留学生が大学や専門学校を卒業した後に就職活動を継続する場合、就職活動を目的とした「特定活動」というビザがあります。通常、このビザは最大で1年間もらえます。特定活動ビザの期限が切れる直前に結婚された場合も、「就職先がないから結婚したのではないか」という疑いがもたれやすいです。

この場合も、最低限の書類だけ提出するのではなく、交際の信ぴょう性を示す根拠や証拠、説得力のある交際経緯説明書などをしっかりと準備したほうがよいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る