配偶者ビザが取り消される場合もあるのですか?

配偶者ビザ申請の際に、偽造文書を提出したり、事実と異なる記載をしたりした場合、在留資格が取り消される可能性があります。特に、悪質な場合は、取り消される可能性が高いです。ただし、いきなり取り消されることはありません。配偶者ビザの取り消しがされる場合には、事前に外国人本人や日本人配偶者の方から意見を聴取する機会が設けられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る