別居していると、配偶者ビザの取得・更新ができなくなりますか?

結婚してすぐに別居となる場合

この場合、別居の理由が重要です。別居の理由に合理性があり、説得力があり、本人(外国人)の責任ではないことを説明、証明できれば、日本人の配偶者等の在留資格(配偶者ビザ)を取得できる可能性があります。当事務所でサポートさせていただいた例としては、日本人男性と外国人女性が婚姻し、日本人夫が海外駐在中である場合があります。本来、妻も夫の駐在に同行すればよいのですが、合理性のある事情により同行できない場合もあると思います。その事情を多角的に説明、証明することで配偶者ビザが許可された事例がございます。ただし、こうしたケースの配偶者は簡単ではありませんので、専門家のサポートを受けたほうが安心です。

ビザ更新時に別居している場合

更新の場合も、別居の理由によって回答が異なります。

単身赴任、病気治療などによる別居

単身赴任や病気治療など、やむを得ない場合、詳細な説明書とその証拠書類を添付することにより、「日本人の配偶者等の在留資格(配偶者ビザ)」の更新ができます。

離婚協議中

離婚協議中である場合、別居している期間や、離婚についての話し合いの状況を詳細に説明し、夫婦間で連絡を取り合ってることなどを客観的に証明することにより、配偶者ビザを更新できる可能性があります。詳しくはお問い合わせください。なお、夫婦間で連絡を全くとっておらず、夫婦の実態がない場合、更新するのはかなり難しいです。

離婚調停中、離婚裁判中

離婚調停の場合、調停成立または調停不成立、つまり調停が終了するまでの間は、配偶者ビザも更新できます。離婚裁判の場合、裁判所の判決が確定するまでは、配偶者ビザも更新できます。

その他

別居理由、国籍、夫婦の年齢などによって回答が異なります。状況によっては、更新できる場合もあります。面談での相談をご予約ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る