在留資格の変更や更新などの手続きは本人しかできないのですか?

在留資格の変更や更新、再入国許可などの申請は、本人もしくは申請代理人が行うことができます。申請代理人とは、申請取次行政書士、弁護士などです。また、16歳未満の外国人や、疾病等やむを得ない事情で本人が出頭することのできない場合は、親族の方が代理申請することが可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際結婚や配偶者ビザのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る